薄毛を改善するためにシャンプーの使用を中止

近年、薄毛を改善するには水洗髪が良いと言われるようになりました。水洗髪とは、シャンプーを使わずに、水だけで頭を洗うことです。水と言っても、冷水ではありません。33度前後のぬるめの水で洗うことになります。水洗髪は医師でも実践している人が多く、プロがやるのなら安心だろうと言うことで、一般の方にも広がり出しました。とは言え、シャンプーを使わないと、ベタつくのではないかと不安になる人もいます。しかし、そんな心配は不要です。シャンプーをすると必要な皮脂まで落としてしまうことが多々あります。そうなると、皮脂腺が発達して大量の皮脂が出ることになるので、逆にベタついてしまうでしょう。また、熱いお湯で洗わないと皮脂が落ちないのではないかと考える人も多いです。しかし、33度前後の水でも酸化した皮脂は洗い流せます。

シャンプーが原因で薄毛を進行させてしまう

シャンプーをこまめにすれば、頭皮は清潔に保てると考える人がほとんどでしょう。薄毛になるのを防げると思うでしょうが、逆効果になってしまうこともあります。頭を洗いすぎると、皮脂を落としすぎてしまうからです。皮脂は悪であり、全て取り除かなければいけないと思っている人がいますが、それは違います。皮脂を取りすぎてしまうと、足りなくなった皮脂を補うために皮脂腺が発達します。そうなると、大量の皮脂が出てくるでしょう。ベタつきやにおいの原因にもなりますし、皮脂が毛穴をふさぐので髪の毛にも良くありません。シャンプーは毎日する必要はないです。2日に1回でも問題ありません。また、シャンプーが原因で薄毛を進行させてしまうこともあります。そう言うことが知られるようになって、最近は水だけで頭を洗う人がかなり増えてきました。

シャンプーをやめると薄毛が改善する

頭皮に負担をかけずに薄毛を改善する方法は何か、それを知りたい人は数え切れないほどいるでしょう。育毛剤の質が向上したと言えど、頭皮に合わないことが珍しくありません。かと言って、クリニックに行くには時間的にも金銭的にも厳しいと言うこともあるでしょう。まずは、シャンプーの使用を中止し、水のみで髪の毛を洗ってみることです。水洗髪と呼ばれていますが、薄毛を改善する効果が高いと言うことで、最近話題になってきました。水ですから負担がかかりません。水で洗うと言っても、冷たい水で洗うわけではないです。34度以下のぬる目の水を使用します。必要な皮脂は残しつつも、酸化した皮脂は洗い流せるので、皮脂が大量に出ることがありません。また、皮脂腺が消費していた栄養が、髪の毛に供給されるようになるので、太くてコシのある髪の毛が生えてきます。