薄毛になりたくない人は知っておこうシャンプー編

最近フケがよく出るようになった、このままでは薄毛になるかもしれないと言って、慌てて対策を始める人は多いです。フケを出さないためには、洗髪の回数を増やせばいいと考える人もいますが、それは間違っています。頭皮の乾燥を招くことになるので、余計にフケが出てしまうでしょう。洗髪は1日1回で十分です。また、シャンプーの量を増やす人も少なくありません。シャンプーをたっぷりつけて洗えば、汚れがよく落ちると考えるのでしょう。しかし、すすぎきれない可能性が高くなります。頭皮にシャンプーが残ると負担がかかるので、髪の毛にも悪影響を与えることになるでしょう。適量で洗うことです。また、フケを落とすためにブラッシングをするときも、気をつけなければいけないことがあります。ブラシの先を頭皮に強く当ててはいけません。頭皮を傷つけます。

薄毛の人が使ってはいけないシャンプー

今や薄毛は男性だけが悩むものではありません。女性にも薄毛が広がってきています。女性の場合、男性よりも悩みが深刻化することがほとんどです。年だから仕方ないと割り切れる人はあまりいないでしょう。女性も積極的にスカルプケアをすべき時代になりました。スカルプケアとは何かと言うと、薄毛を防ぐ頭皮ケアのことです。専用のシャンプーを使ったり、育毛剤などで頭皮をマッサージするのが基本のようになっています。頭皮はマッサージすることで血行が良くなります。髪の毛にも良い影響が出るでしょう。ただ、指の腹で軽くマッサージすることが大事です。また、シャンプーは何でもいいと言うわけではありません。界面活性剤などの化学物質が入っているものは選ばないようにしましょう。ブランドにこだわらず、成分をしっかり調べて購入しましょう。

薄毛が気になり出したらシャンプーをやめよう

薄毛が気になり出すと、シャンプーを替えたりするでしょう。しかし、必ずしもシャンプーをしなくていけないと言うわけではありません。水だけで髪の毛を洗うと言う方法もあります。水洗髪を行うようになってから、髪の毛のコシが出てきたと言う人は多いです。水洗髪のやり方は難しくありません。特別な道具が必要になるわけでもないので、すぐに行うことができます。洗い方は、33度以下の水で頭皮を軽く擦って洗います。もちろん、指の腹を使わないといけません。また、擦る強さは豆腐の表面を傷つけない程度です。力を入れてはいけないと言うことが分かるでしょう。また、乾かし方も重要です。決して、タオルで擦るように拭いてはいけません。軽く押さえるだけで髪の毛の水分は取れます。できる限り、ドライヤーは使わないことです。自然乾燥が良いでしょう。