薄毛とシャンプーの関係性

薄毛が気になり出したら、すぐに病院に行くと言う人は少ないです。まずは、セルフケアでどうにかしようとするでしょう。薄毛には育毛剤と考える人は多く、どんな育毛剤が効果が高いか必死で調べる人は多いです。しかし、育毛剤自体のことにだけ詳しくなってもいけません。正しい使い方を覚えることの方が大事です。どんなに良いと言われる育毛剤でも、使い方が悪ければ効果が出ません。まず、育毛剤を振りかけるタイミングはいつでもいいと言うわけではないです。シャンプーした後、すぐに振りかけるのが基本になります。シャンプーをすれば、頭皮の汚れが取れるわけです。毛穴をふさぐ皮脂がないわけですから、育毛剤はよく吸収されるでしょう。ただ、皮脂をしっかり取ろうと、頭皮をゴシゴシこすって洗ってはいけません。頭皮を傷つけることになるからです。

薄毛が心配な人はシャンプーにこだわろう

薄毛が心配と言う人は、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大事です。ブランドにこだわるのもいいですが、成分にも着目してみましょう。頭皮にしみるような成分が入っているものは避けた方が無難です。また、シャンプーした後に頭皮がつっぱったり、乾きすぎるような感じがしたらすぐに使用を中止しましょう。刺激のないものに替えることです。また、洗い方も適当ではいけません。基本は二度洗いです。すすぎには時間をかけるようにしましょう。また、力を入れて頭皮を強く擦ってはいけません。爪を立てるのは一番いけないことです。指の腹だけを使って、優しく洗うと言うのが基本です。優しく洗うと汚れが取れないような気がすると言う人も多いですが、そんなことはありません。フケや皮脂は擦って取れるのではなく、シャンプーに溶かし込むことによって落ちます。

薄毛を改善するためのマッサージはシャンプー前に

薄毛になる原因は色々ですが、頭皮の血流の悪さが薄毛を招きます。なので、頭皮の血流を良くしようとマッサージを行っている人も多いでしょう。昔は頭皮を叩くのが効果的と言われていましたが、現在ではNGとされています。しかし、今でもブラシなどで頭皮を叩いて血流を良くしようとする人は多いです。逆効果になるので絶対にやめましょう。シャンプーする時と同じで、頭皮マッサージも優しく行わなければいけません。指の腹以外は使わないと言うことを意識しましょう。指の腹を使えば、少々力が入っても頭皮を傷つけることはありません。とは言え、あまり力を入れるのは良くないです。また、シャンプーする時に、ついでにマッサージもしようとする人が結構います。この場合、強く擦ってしまいがちなので、マッサージはシャンプーをする前に行いましょう。