女性の薄毛の原因はシャンプーのし過ぎ

男性の薄毛は、頭皮のケアを怠ったことが原因で起こることが多いです。一方、女性の薄毛はケアのし過ぎで生じることがほとんどです。髪の毛を洗いすぎて頭皮環境を悪化させ、それが気になってさらにケアをすると言う負のスパイラルに陥っている女性が少なくありません。正しいヘアケア法を学びましょう。まず、シャンプーは1日1回で十分です。2回も3回も洗っていては、頭皮の乾燥を助長します。毛根に悪影響を与えることになるので気をつけましょう。また、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うと言うことを意識しなくてはいけません。シャンプーは、頭皮についた古い角質や皮脂など、お湯だけでは落としにくい汚れを落とすための物です。髪の毛についた汚れは、お風呂に入る前のブラッシングでほとんど落とせます。頭皮の汚れを落とすと言う風に考えましょう。

シャンプーのやり過ぎが薄毛を進行させている

男性の場合、ある程度の年齢になって薄毛になっても、しょうがないと考えることの方が多いです。しかし、女性はそうはいきません。いくつになっても髪の毛は大事です。近年、薄毛になる女性が増えてきました。原因は人それぞれですが、ストレスが原因になっていることが多いです。また、シャンプーのやり過ぎが薄毛を進行させていることもあります。さらに、女性はよく朝シャンをしますが、働いている女性の場合はとくに、朝はバタバタするでしょう。時間がない中朝シャンをすると、しっかりすすげない可能性が高いです。シャンプー剤が頭皮に残るとトラブルの元になります。また、朝も夜もシャンプーをすれば洗いすぎでしょう。最近、髪の毛が薄くなったような気がすると言う人は、これが原因かもしれません。朝シャンはやめて、夜に洗うようにしましょう。

シャンプーが合っていないと薄毛になる

自分の頭皮に合わないシャンプーを使っていると、薄毛になる可能性が高まります。シャンプーは値段やメーカーだけで選んでしまいがちですが、どんな成分が含まれているかもしっかり確認することが大事です。また、評判が良いものでも、自分に合うとは限りません。使ってみて頭皮に不調を感じるようならば、すぐに使うのをやめましょう。しかし、頭皮に不調が出ているのに使い続けてしまう人が多いです。評判が良いシャンプーだからと考えるのでしょうが、合わないものが合うようになることはありません。薄毛を進行させかねないので、潔く諦めることです。しかし、今まで自分に合っていたものが合わなくなることもあります。その場合も、愛着があったとしても使い続けてはいけません。髪の毛や頭皮の状態は日々変化します。変化には敏感に対応しましょう。